国立市 引越し業者

引越し業者の国立市での簡単な選び方

引越し業者国立

引越し業者 見積もり 国立

引越し 価格 国立

引越し 相場 国立

引越し 費用 国立

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると国立市だけでも12件ヒットします。

 

これら1つ1つに連絡して見積もりを依頼して、引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越し料金の相場は時期で変わる!

 

国立市引越し時期

 

引越しの数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期です。
繁忙期は通常期(オフシーズン)に比べると、費用が高くなります。

 

引越しが3〜4月に多い理由は、4月から大学に入学する学生や会社に就職した新社会人、また人事異動により新年度から新天地へ行くサラリーマンの移動がすべて3〜4月に重なるからです。
引越し業者もこの時期はスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなどいろいろと対策を講じますが、それでも到底人手が足りません。
ですから繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを取って契約してしまうことです。
モタモタしていると、どんどん条件が悪くなります。
安くて良い引越し業者ほどどんどん予約が入りますので、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残っていない可能性があります。

 

繁忙期は引越し準備を先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しには当日まですることがいくつかあります。
おおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まず新居が決まらないと引越し業者に正確な費用を見積もってもらうことができません。
新居の駐車場の場所、エレベーターの有無なども費用に関係しますので、見積もりは新居が決まってからがオススメです。

 

引越しのついでに不用品は処分してください。
新居に引越ししてからゆっくり分別したい気もしますが、それだと不用品の輸送費も引越しの見積もりに加算されてしまいます。
不用品は引越し前にあげる、売る、捨てるなどして処分してくださいね。

 

市役所に提出する書類は市外への引越しの際は転出届です。引越し日の2週間前から提出できます。
ほかに国民健康保険や国民年金のことも聞いておくといいと思います。

 

今使っている電気・ガス・水道も引越し日まで使えるようにして費用は日割りで計算してもらうことができます。
会社によって手続きが異なるので、電話して聞いてくださいね。
ガスはガス会社の人の立ち合いのもと元栓を閉める作業がありますので、日にちを決めておいてくださいね。

 

郵便物が届かないと困りますので、転送届を提出しておきましょう。
1年間だけ新居に郵便物を転送してくれますから、その間に友人知人に「引越ししました」と連絡してくださいね。

 

引越し当日は家具をどこに置くのかなど指示をしてください。
あらかじめ紙に書いて新居の壁などに貼っておくと引越し屋さんも便利で助かると思います。

 

新居に最寄りの市役所では市内引越しなら転居届を、市外引越しでは転入届を提出しましょう。
引越し日から2週間以内に提出してくださいね。

 

あとは免許証、保険、パスポート、銀行、カード会社など住所変更が必要そうな所への連絡をしましょう。

 

たくさんすることはありますが、時期が違いますのでそんなに大変ではないですので頑張ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越しのあいさつはどこまで?

 

引越しのあいさつ

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
あいさつを先延ばしにすると段々と面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリと住人に会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意しておいて、引越ししたら早めに行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤、お茶などが喜ばれると思います。

 

では引越しの挨拶はどこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒のことです。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。
なので自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを地域のことを聞いておくと安心ですね。

 

 

 

東京都国立市
北 富士見台 谷保 青柳 泉

 

 

 

引越し業者中野