国立の引越しと六曜

引越しと六曜

国立市引越し六曜

 

日本人であれば大安吉日という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
日本のカレンダーには月火水木金土日という曜日のほかに、大安・仏滅・先負・先勝・赤口・友引という六曜というものがあります。
これらの意味を知っていますか?

 

六曜の意味を知っていると、結婚式の良いとされる日やお葬式を絶対にしてはいけない日などがあることがわかります。
六曜の意味を見て行きましょう。

 

・大安・・・何をやっても上手くいく吉日
・仏滅・・・仏も滅するほどの大凶日
・先勝・・・早ければ吉なので午前中が吉、午後2〜6時は凶
・先負・・・午前中が凶、午後が吉という先勝と反対の日
・赤口・・・しゃっこうと読み厄日とされる。何もするのも向きませんが、11〜13時の正午の前後だけは吉とされています。
・友引・・・大安に次いで吉ですが、朝は吉で昼は凶で夕方から大吉という忙しい日です。友達をあの世に引き寄せるという意味もあるため、葬式は行わない。

 

このように結婚式は大安や友引を選び、友引にはお葬式をしてはいけないと昔から言われています。
それでは引越しはどうでしょうか?

 

引越しの時に六曜を気にするか?というアンケートを取ると、4人に1人が気にすると答えています。
最近にしては案外多いので驚きました。

 

引越しは大安が良いと言われますが、そこまでこだわらないにしても仏滅は避けたいという方もいました。
自分は気にしないけど家族が気にしていたので、あえて大安に予約したという方もいます。
結婚で引越しするのであれば、仏滅は気分的に避けたいという考える方もいました。

 

しかし逆に仏滅は引越し代が安くなるということで、逆にその日を狙って予約するという強者もいました。
考え方は人それぞれということですね。